顔のたるみでお悩みの方!そのたるみの原因を知っておこう

顔のたるみでお悩みの方はその原因を理解しましょう。 - 顔のたるみの原因は複雑に組み合わさっている!

更新情報

たるみ改善なら美容皮膚科 美容皮膚科

アーカイブ

顔のたるみの原因は複雑に組み合わさっている!

顔がたるんでいると、見た目年齢が上がってしまいますよね。年齢とともに顔のたるみや目の下のたるみに悩んでいる人は多いでしょう。
そのため、顔のたるみは加齢が原因だと思われがちですが、加齢は顔のたるみの原因の一つにすぎません。顔のたるみを引き起こす原因を紹介します。

肌弾力が低下するため

肌弾力は、加齢によって低下します。40代になると、お肌のヒアルロン酸は、赤ちゃんに比べて半分になると言われています。すごい違いですよね。
肌弾力はお肌が乾燥したり、睡眠不足になっても低下しますし、紫外線の影響も受けます。加齢のせいだけにせず、日ごろから、肌弾力を保てるように心がけるようにしましょう。

顔の筋肉が退化するため

uikopu
顔の筋肉が衰えると、顔の皮膚や脂肪を支えられなくなります。お肌に栄養が生きにくくなってしまうので、顔のたるみの原因になります。
表情筋を鍛えるエクササイズなどを日ごろから行っておくことで予防できます。

姿勢が悪くて顔の筋肉を引っ張ってしまうため

顔の筋肉は首の筋肉とつながっているので、猫背だったり、姿勢が悪かったりすると、首の筋肉が頬の筋肉を下方向に引っ張ってしまい、結果、顔がたるみます。
長時間同じ姿勢をつづければ続けるほど顔がたるみやすくなるので要注意です。デスクワークなどは特に顔のたるみを引き起こしやすいので、注意が必要ですね。

顔のたるみの原因は複雑

顔のたるみは加齢だけでなく様々な原因が組み合わさって起こりますから、それぞれに対処できるように普段から色々なことに気を付けておく必要がありそうですね。
食事や睡眠をしっかりとることはもちろん、紫外線対策やたるみ防止のマッサージなどのセルフケアを積極的に行っていきましょう。
目元のたるみの原因は?それは加齢です。歳を取ると顔がたるんでくるのが気になりますよね。歳のせいだから、と自分に言い聞かせても、たるんだお肌は見ていたくありませんよね。
周りからの印象もぐっと老けて見られてしまいますし、どうにかして顔のたるみを解消したいと思っている人も多いはず。中にはレーザー治療でたるみを解消する人も居る位ですからね。
なぜ加齢とともに顔がたるんでしまうのか、まとめてみました。

加齢とともにお肌の有効成分が減少

加齢とともに、顔の皮膚の中にあるコラーゲンなどの有効成分が減ってしまいます。コラーゲンが減ると、皮膚は弾力やハリがなくなります。だからたるんでしまうんですよね。
成分の減少は防げませんから、その分、サプリメントやスキンケア商品で補ってあげることが大切です。

お肌の筋力が衰える

yjtdopu
加齢とともに、お肌の筋力はどんどん衰えていきます。もともと顔の筋肉は使わない場所も多いので衰えやすいんですよね。
筋肉が衰えると、皮膚を支えきれなくなるので、その結果たるんでしまうというわけです。
顔の筋肉を鍛えるエクササイズなどもあるので、習慣的に鍛えておくと良いかもしれません。

お肌の再生力が弱まる

年を取ると、お肌のターンオーバーが遅くなると言われています。若いころは28日周期だったのがどんどん遅くなってしまうので、お肌は再生できないままになってしまいます。
だから、水分量も有効成分も減少したままハリと弾力が失われてやがてたるみにつながってしまうのですね。
ターンオーバーを促すためには、生活習慣を規則正しくしたり、睡眠をたっぷりとることが効果的だと言われているので参考にしてみてください。

加齢は避けられないけれど改善方法もある!

このように、お肌のたるみは加齢と深くかかわっていますが、一つ一つの原因を見ていくと、改善方法もあります。
お肌の加齢は避けられないことですが、加齢で失われてしまう部分を補えるような対処法で、顔のたるみを改善していけると良いですよね。